【オーディオ 買取やさんjp】高値・即日買取はこちら!

不要となったアンプやスピーカーなどのヴィンテージ&ハイエンドオーディオの高額買取を希望している方は、どこで買い取ってもらおうか?どこが高額買取をしているのか?と考えると思います。結論は、ネット業者に出張買取を依頼するのが一番、お得なのをご存知ですか?

ここでは、オーディオを数多く売却してきた管理人の実績を踏まえて、お役立つ情報をお伝えします。

高値で即日買取をしてもらえるオーディオ買取業者のランキング

タイトル

  • オーディオの買取屋さん

    オーディオの買取を初めて10年以上の老舗。買取価格に実績!

    評価
    おすすめの方高価買取・即日買取を希望の方
    ポイントとにかく高値買取に実績あり

    オーディオ買取の専門店だからできる高額買取を実現し、リピーターが続出。買取価格以外でも、「買取の速さ(フットワークの軽さ)」に定評があり、最短30分で無料の出張見積もりに対応。その日にその場で現金化が可能です。なお、対応エリアは、東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城・静岡・愛知・三重・岐阜・滋賀・大阪・兵庫・奈良・京都・和歌山。出張費・送料・手数料は、全部無料で、査定料や、郵送買取の際の送料や手数料もすべて無料!

  • 音屋

    過去のお買取実績、堂々の1万点以上!

    評価
    おすすめの方ニッチなオーディオ関連商品を売りたい方
    ポイント真空管やスタンド、カートリッジ等音に関するものは何でも買取可能

    アンプ、スピーカー、プレーヤーはもちろん、真空管やスタンド、カートリッジやトランス、インシュレーターまで 「音」に関するモノなら何でもお買取可能。出張料金はもちろん無料。電話、メールひとつで専門のバイヤーが現金を持って買取してもらえます。古いオーディオ、壊れてるものをでも買取可能で、対応地域はなんと「全国」!

  • カイトリ屋

    オーディオ専門の買取スタッフが査定対応!女性のお客様の場合は女性のスタッフ!

    評価
    おすすめの方オーディオを売りたい女性の方
    ポイントオーディオ専門の女性の買取スタッフが出張することも可能。

    出張買取での費用や、郵送買取の際の送料や手数料は無料。 カイトリ屋では常に競合他社の買取価格を調査しており、高値買取に挑戦中。問い合わせから現金化まで最短30分も。女性にも安心して利用してもらうために、オーディオ専門の女性の買取スタッフが出張することも可能。

「オーディオ買取」と「オーディオ下取」の違いとは?

オーディオ機器を買取してもらうのと下取してもらうのではどちらのほうが良いのか、買取と下取の違いが良く分からないという人もいるのではないでしょうか。

下取りとは?

下取というのは、新しいオーディオ機器を買いたいと考えている場合に利用します。新しい機器を買う際に下取してもらう機器の金額を差し引いて購入できます。割引を受ける代わりに今持っているオーディオを売るという感じです。

買取とは?

買取の場合は新しい機器を購入する、しない関係なくオーディオ機器を売ることができます。新しい機器が欲しいという場合は下取でも良いのですが、下取の場合は下取をお願いしたお店で新しい機器を購入しなければいけなくなりますので、安いお店を探したりすることはできません。買取にしておけば、新しい機器を購入する場合でも安いお店から購入できますし、もしすぐに欲しい機器が無い場合は現金で買取金額を受け取ることができますので他のものを購入するのに使えたりします。買取のほうがお得でおすすめです。

「店頭買取」と「宅配買取」と「出張買取」の違いとは?

オーディオ機器の買取サービスでは店頭買取と宅配買取、出張買取があります。での方法を利用すれば良いのか悩みますね。

店頭買取について

店頭買取のメリットはその場で査定してもらえるのできちんと査定してもらえていることが分かるという点です。時間をかけて査定してくれていることが分かると安心です。さらにその場で現金を受け取ることが可能です。デメリットはお店まで運ばなければいけないので、その時にオーディオ機器に傷をつけてしまう可能性もあるという点です。お店が遠いと交通費もかかってしまいます。

宅配買取について

宅配買取の場合は自宅にいてすべての作業が完了してしまうので忙しい人も利用しやすいです。メリットは宅配の送料がかからない点です。梱包キットも受け取れるので箱につめて送るだけです。配送の際に傷がつかないようにだけ注意して梱包しましょう。デメリットは査定後に金額に納得がいかない場合に、オーディオ機器を返してもらおうと思うと返送料がかかる場合があることです。またどのように査定してくれたのか分かりにくいという点も挙げられます。

出張買取について

最後に出張買取ですが、この場合は自宅に好きな時に来てもらえてすぐに現金化できるので利用しやすいという声もあります。メリットはその場で査定してもらえて自分の都合に合わせて来てもらえる点です。デメリットは自宅にあがってもらう必要があることや買取金額に納得できない場合に断りにくいなどがあります。

まとめ

3タイプの買取方法についてご紹介しましたが、人気があるのは宅配買取です。宅配買取では身分証明書が必要になります。申し込み後に送付されてくる書類とともに身分証明書を提出することで買取金額を振込してもらうことができます。いずれにしても査定額には影響はないので、利用しやすい方法で買取してもらいましょう。

オーディオの高額買取をしてもらうコツとは?


オーディオ機器を売る場合、できるだけ高値で買取してもらいたいですね。査定額アップ中のお店を狙うのも良いですが、それでも本体の状態が悪ければ査定額は下がってしまいます。どのような点に注意すれば買取金額をあげることができるのでしょうか。

きれいに掃除してから査定に出すこと

オーディオ機器の高額買取のコツ1点目は、きれいに掃除してから査定に出すことです。自分でできる範囲でホコリを取り除くなどしておきましょう。中の部分も掃除しようとしてしまうと本体を故障させてしまう可能性もあるのでおすすめできません。

付属品をつけて査定に出すこと

2点目は付属品をつけて査定に出すことです。説明書があるのか無いのかで買取金額に差が出ます。説明書だけではありません。操作リモコンやコード類、外箱など購入した際についていたすべてのものを揃えておくことが重要です。

売りたいと思ったらできるだけ早く売ること

3点目は売りたいと思ったらできるだけ早く売ることです。オーディオ機器は新しい機器がどんどん発売されていきますのでモデルチェンジが激しいです。古くなった型式のものは買取金額が下がってしまいます。各買取会社の高価買取リストに掲載されている商品なら高値になる可能性がアップします。

オーディオ買取専門店に売るということ

4点目はオーディオ買取専門店に売るということです。リサイクルショップでも買取してくれますが、査定の際に専門家がいるお店で売るのが一番高値になりますので査定してくれる人がオーディオ機器に精通しているのかどうかは確認しておきたい点です。これらのポイントをおさえて査定に出しましょう。

オーディオ買取の査定額を大きく左右する査定項目は?

買取査定も項目で高額査定に関係してくるポイントをご紹介します。

ブランド、メーカー、型式

1点目はブランド、メーカー、型式です。製造年月日がいつなのか人気のあるモデルなのかどうかはチェックされます。色も重要ですね。同じ機器でもシルバーよりブラックが人気などありますので色もチェックされています。

オーディオ機器の状態

2点目はオーディオ機器の状態です。すべての機能が正常に鵜動くのかどうか確認します。

汚れや傷が無いこと

3点目は汚れや傷が無いかどうかです。汚れや傷があるとどうしても査定額が下がります。できるだけ新品に近いきれいなものが高額買取対象となります。

メーカー保証書がついていること

4点目はメーカー保証書がついているか、説明書があるかどうかです。純正製品は保証書がついているはずなので保証書もつけて売りましょう。

オーディオ買取サービスのメリットとデメリット(注意点)は?

オーディオ買取サービスを利用するよりもお得に売れる方法があるのではないかと考える人もいるかもしれません。オーディオ買取サービス以外には、ネットオークションやフリマ、リサイクルショップで売るなどがありますね。

ネットオークションの場合はすぐに売れるかどうか分かりません。高値で売れる可能性もありますが、思っていた価格で売れない場合もあります。フリマの場合も価格は自分で設定できますが、購入したいと思う人がいなければ売れません。リサイクルショップはオーディオに詳しい専門家がいない場合が多いので査定額が低くなる可能性があります。これらの理由からやはりオーディオ機器を売りたい場合はオーディオ買取サービスを利用するのが良いでしょう。

オーディオ買取サービスを利用するメリット

オーディオ買取サービスを利用するメリットは、オーディオに詳しい専門家が査定してくれるので高値で売れるという事と、早く現金化できるという事、自宅にいてすべてのやり取りが完結できる宅配買取サービスがあるという事が挙げられます。

オーディオ買取サービスを利用するデメリット

ではデメリットはあるのでしょうか。デメリットは買取業者が数多く存在するので一番高値で買取してくれる業者さんを見つけるのに時間がかかるという点です。一括見積サービスを利用することで少し手間が省けるかもしれません。ネットで査定額を受け取りできますが、目安となっていて実際にオーディオ機器をチェックした時点で査定額が変わる可能性もあります。デメリットもありますが、専門家が見てくれるという点で安心してお願いできます。

高価買取が期待できる主なオーディオメーカーの一覧

Accuphase(アキュフェーズ)、B&W(バウワース アンド ウィルキンス)、Mcintosh
(マッキントッシュ)、TANNOY(タンノイ)、FM Acoustics(エフエム アコースティック)、EXCLUSIVE(エクスクルーシブ)、Jeff Rowland(ジェフローランド)、LUXMAN(ラックスマン)、DENON(デノン デンオン)、STUDER(スチューダー)、Westlake Audio(ウエストレイクオーディオ)、JBL(ジェイビーエル)、Mark Levinson(マークレビンソン)、Marantz(マランツ)、Esoteric(エソテリック)、NAGRA(ナグラ)、Micro(マイクロ)、Western Electric(ウエスタン エレクトリック)、SME(エスエムイー)、Garrard(ガラード)、THORENS(トーレンス)、VITAVOX(ヴァイタボックス)、Connoisseur(コニサー)、Uesugi(上杉研究所 ウエスギ)、EMT(イーエムティー)、Ortofon(オルトフォン)、TANGO(タンゴ)、Fidelity-Research(フィデリティリサーチ)、AudioNote(オーディオノート)、ONKEN(オンケン)、Technics(テクニクス)、Telefunken(テレフンケン)

オーディオ買取サービスに関する良くある質問と回答は?

オーディオ機器の買取サービスでよくある質問をまとめました。

買取対象商品のリストに記載されていないものは買取できないのでしょうか。

対象商品は一部紹介している業者さんがほとんどなのでまずは問い合わせしてみましょう。問い合わせの際にはメーカーと型式・型番を伝えるようにしてください。商品によってリストにないものも買取してくれるケースはあります。

 

宅配買取の場合、輸送の際に機器が壊れないか心配です。

輸送時の事故にも対応している買取業者さんも多いのでそのような業者さんを選ぶようにしましょう。

 

古いオーディオは買取可能でしょうか。

古いものでも需要があるものなら買取可能です。古いものは見ためがどれくらいきれいなのかもしっかりチェックされているのでできるだけきれいにして査定に出しましょう。

 

宅配買取を利用した場合、査定完了後、入金までにはどれくらいの時間がかかりますか。

買取業者さんによって異なりますが、多くの業者さんは2、3日以内で入金してくれる
場合が多いです。

タイトル

  • オーディオの買取屋さん

    オーディオの買取を初めて10年以上の老舗。買取価格に実績!

    評価
    おすすめの方高価買取・即日買取を希望の方
    ポイントとにかく高値買取に実績あり

    オーディオ買取の専門店だからできる高額買取を実現し、リピーターが続出。買取価格以外でも、「買取の速さ(フットワークの軽さ)」に定評があり、最短30分で無料の出張見積もりに対応。その日にその場で現金化が可能です。なお、対応エリアは、東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城・静岡・愛知・三重・岐阜・滋賀・大阪・兵庫・奈良・京都・和歌山。出張費・送料・手数料は、全部無料で、査定料や、郵送買取の際の送料や手数料もすべて無料!

  • 音屋

    過去のお買取実績、堂々の1万点以上!

    評価
    おすすめの方ニッチなオーディオ関連商品を売りたい方
    ポイント真空管やスタンド、カートリッジ等音に関するものは何でも買取可能

    アンプ、スピーカー、プレーヤーはもちろん、真空管やスタンド、カートリッジやトランス、インシュレーターまで 「音」に関するモノなら何でもお買取可能。出張料金はもちろん無料。電話、メールひとつで専門のバイヤーが現金を持って買取してもらえます。古いオーディオ、壊れてるものをでも買取可能で、対応地域はなんと「全国」!

  • カイトリ屋

    オーディオ専門の買取スタッフが査定対応!女性のお客様の場合は女性のスタッフ!

    評価
    おすすめの方オーディオを売りたい女性の方
    ポイントオーディオ専門の女性の買取スタッフが出張することも可能。

    出張買取での費用や、郵送買取の際の送料や手数料は無料。 カイトリ屋では常に競合他社の買取価格を調査しており、高値買取に挑戦中。問い合わせから現金化まで最短30分も。女性にも安心して利用してもらうために、オーディオ専門の女性の買取スタッフが出張することも可能。