AKIBA Fes vol.25

今回は、昨年一度ゲストで参加した「AKIBA Fes」に再びお誘いを受けてのライブ。場所は、リボルバー時代にも利用したdressTOKYO。どうやらこのライブハウスは来月閉店するそうで、恐らくここでのライブはこれが最後となるでしょう。

午後1時30分に秋葉原のカラオケパセラに集合のはずのメンバーは、午後3時頃に全員合流…。B型が多いとはいえ、ここまでマイペース?ちなみに僕は、配布物のコピーをしてからの合流だったので、遅れただけですからね!
午後4時ちょうどに予定通りライブハウスに到着。しばし休憩と準備をし、リハーサル開始。ちなみに、基本的にリハーサルではフルコーラスを歌うほどの時間はなく、1コーラスか2コーラス途中くらいまでの間に音響バランスなど調整をするんです。

そういえば、ライブハウスへ提出する、メンバー表の「パート」の部分。普通は「Gt(ギター)」とか「Dr(ドラムス)」とかが書かれるのところなのに、うちはすべて「Vo(ボーカル)」なもんで、ちょっと変な感じです。でも実際、そうなんだから仕方ないですわな。

出番は前日に急遽1番手と決定。出演数は3組と少なめだったので「ちょっとくらい、押ししちゃってもいいかな」などと企んでおりました。もともと30分の持ち時間と伺っていたので、MCがゆっくり出来たのはよかったです。
実際はライブ直前に持ち時間が40分に変更になったので、押さなかったんですけどね。

我々以外は全てバンド編成だったので、カラオケ音源の我々は浮いてしまうのではないかと心配しましたが、予想以上に沢山のお客様が応援に駆けつけて下さいました。本当にうれしかったです。
今回は自分たちが主催のライブではなかったのと、どんなバンドさんとの共演なのかがわからず、あまり告知が出来ませんでした。にも関わらず、来てくださった皆様、ありがとう!! またMIXPLOSIONでやる時は、お知らせしますので、遊びに来て下さい!!!!

さて一曲目は久々の「HEROES」
この曲の歌詞に込められたテーマについては今回初めて語ったような気がします。メンバーも当時とだいぶ変わったし、封印しておくつもりでしたが、ご要望をいただいたので、今回特別に復活させてみました。先頭を陣取っていたお客様が一緒に歌ってくれていたのが見えて、嬉しかったな〜〜。難しい曲ではないので、今回CDをお買い上げの方はまた一緒に歌ってください!!

二曲目は、ここのところのレギュラー曲になりつつある「白銀の勇者バルキリス」
「灼鋼のプライド」とどちらにしようか迷ったのですが、出たばかりの2枚目のシングルの収録曲でしたし、今回はこちらを選びました。ライブ終了後の物販の時に、お客様から「昔のアニソンみたいで良かったです」という感想をいただきましたが、確かにアレンジとか歌詞とかメロディとか、80年代のアニソン風にまとまっているような気がします。ただ私、叫びのときに声が裏返ってしまったのが、なんともかっこ悪かった…。スミマセン

三曲目はカバー曲。アニメ「出撃 マシン○ボレスキュー」の主題歌、「G○ G○レスキュー」(伏字になってない…。)
V.Sのお客様の多くがご存知であろう曲を、みんなで元気に歌いました。歌う方も、聞く方も相乗効果で楽しめる面白い曲ですよね。こんな曲、オリジナルで作りたいです。

四曲目は「吠えろ!ガイレオン」
今まで披露してきたアレンジから大幅にリアレンジ!! 中々のハードな仕上がりに、ライブ後のアンケートの中でもお褒めの言葉をいただきました。意外とアップテンポの曲が少なかったV.Sにとっては、トップクラスのスピード感になってます。より、ロボットアニメ主題歌っぽくなったから、歌っていた僕らの気持ちも、温度上昇!って感じでした。まだまだ割り振りはテスト段階のものでしたので、今後さらなる完成度を目指します。

五曲目はV.Sのメインテーマ曲でもある「VERSUS-セイギノミカタ-」
実はこの曲は、神崎将臣先生のコミックス「ゼノン」シリーズの公認イメージソングとなっていまして、ライブ当日には先生もいらしてくださいました。熱い曲の中にものすごく切実な想いが盛り込まれていて、歌っているこちらも色々と考えさせられる曲だったりします。
神埼先生の「ゼノン」シリーズは現在徳間書店から発売しているので、読んでみてください。この曲をかけながら、だと、なお良いかもしれません。未だにアニメ化されていないのが不思議なくらいです。

六曲目、ラストは「はるかな未来」
これも最初の「HEROES」同様、久々の選曲です。お客様からも何度か「歌わないの?」と訊ねられたり、V.Sのメンバーからも歌いたいという声があったので、今回のライブで復活させてみました。この曲に込めたストレートなメッセージが、聞いている皆さんにに届いていたらいいな〜と思っています。

出番が終わった後も待っていて下さった方々、ありがとうございました。物販はライブ全公演終演後ということになっていたので、お待たせしてしまってごめんなさい。でも、沢山のお客様にCDを手にしていただけたし、初めてライブに来てくださった方もいらっしゃって、今回は嬉しいことがいっぱいでした。帰り際に声をかけてくださるお客様や、お手紙、差し入れなどを下さるお客様、ライブに来てくださった全てのお客様、都合がつかなくて来られなかった方々、全ての皆様に感謝しております。

また、お客様に楽しんでいただけるライブを考えていこうと思っていますので、どうぞこれからも時間があったら、遊びに来てくださいね!!

■BACK